ほうれい線対策は何歳ごろから始めたらよいのでしょうか?

ほうれい線対策は何歳から始めればよいのか、予防が重要になってくるだけに非常に重要なポイントです。ほうれい線は一度できてしまうとなかなか解消が難しいだけにできないようにしっかり予防を行っていくことが大事なのですが、ではいつ頃からはじめればよいのか、となるとその見極めが難しいのです。

36歳、あるいは38歳〜42歳くらいを目安に本格的なほうれい線対策を行うことがベスト

ほうれい線対策の年齢

ほうれい線の最大の原因は老化ですから、エイジングケアの一環として早い段階から行っていくのが大前提です。肌の老化は30歳前後、角質層に含まれているセラミドコラーゲンヒアルロン酸といった保湿成分が減少するところからはじまるといわれています。ですからこの段階で保湿対策の形でほうれい線対策を行っていくのが基本となるでしょう。

 

より本格的なほうれい線対策をはじめる年齢となると個人差が出てくるので難しい部分も出てきます。老化が進んでいく「お肌の曲がり角」は3回訪れるといわれており、先述した30歳前後、そして30代半ば後半〜40代前半頃が重要なターニングポイントとなっています。ですから3536歳、あるいは38〜42歳くらいの段階が本格的なほうれい線対策を行っていくうえでの目安となるでしょう。

 

その際には肌の乾燥状況をチェックしてみましょう。以前に比べて表面がかさつくようになった、あるいは表面に細かなシワができるようになったら要注意、この段階で保湿対策にプラスして老化対策や肌のハリの改善といった本格的なほうれい線対策をはじめるようにしましょう。また、血行が悪くなってクマやくすみが目立つようになったり朝起きたときに顔がむくむ機会が多くなった場合もほうれい線対策をはじめる重要な目安となります。体の代謝がかなり低下しており、これから一気に老化が加速していく可能性が大です。

うっすらとシワのラインが残るようになったらほうれい線対策のサイン

もうひとつ、笑顔を浮かべるなど表情を作った後にシワが残りやすくなった場合も対策を行うタイミングです。若い頃は笑顔を浮かべたときにできる目元や口もとのシワは表情を戻すと元に戻ります。それが年齢を重ねていくにつれてしつこく残るようになっていきます。それが最終的に完全に残った状態がほうれい線ですから、表情を元に戻した後にうっすらとシワのラインが残るようになったらほうれい線ができる前段階、この段階からスキンケアでのハリの改善はもちろん、表情筋トレーニングなども積極的に取り入れて対策を行っていくようにしましょう。

 

一般的に見て30代半ば〜後半が本格的なほうれい線対策をはじめる時期となるでしょう。老化には個人差があるだけに30代前半くらいからほうれい線のシグナルを見逃さないよう、日ごろから肌の状態をチェックしておきましょう。

ほうれい線対策で使ってみたいクリーム口コミ人気ランキング