ほうれい線はどのように防げばよいのでしょうか?

ほうれい線を防ぐには原因となる老化をできるだけ防ぐのが第一です。老化は避けられないものですから、完全に防ぐことはできませんが、さまざまな対策を行っていくことでペースを遅らせ、若々しい肌を維持することは十分可能です。

単に保湿するのではなくより高い保湿効果をしっかり浸透させ、効果を長持ちさせることが重要

ほうれい線の予防

そのためにもまず保湿対策をしっかりと行いましょう。肌表面の水分が失われてしまうとカサカサの状態になってほうれい線ができやすくなります。しかもそれだけでなくバリア機能が低下することで紫外線の影響による活性酸素が増加し、老化がどんどん加速していってしまいます。そもそも肌の乾燥が老化によって進んでいくのですが、その乾燥が老化を加速していくという悪循環に陥ってしまう恐れもあるのです。さらにバリア機能が低下すると紫外線のダメージが皮膚の奥にまで達するようになり、角質層を通り抜けて真皮層にまで達してしまうこともあります。その結果真皮層で肌を支えているコラーゲンとエラスチンを破壊し、肌のハリを低下させてしまいます(※参照:ほうれい線解消と化粧品)。

 

こうしてみてもいかに保湿による乾燥対策が重要かがわかります。まずは保湿成分を補うことが大事なのですが、角質層の隅々にまでしっかり浸透させることを重視しましょう。また効果を長持ちさせるための対策も重要です。現在ではナノ化や極小のカプセルの導入などで浸透性をアップさせる工夫を施した製品も増えていますし、コラーゲンやヒアルロン酸では分子量が異なる複数の種類を配合することでそれぞれが角質層の異なる場所に留まって効果を持続させることができる製品もあります。単に保湿成分を補うだけでなくより高い保湿効果が得られるかどうかをできるだけ詳しく見ていくようにしましょう。

保湿対策と合わせて老化の進行を防ぐことも大切

ほうれい線の予防

それから抗酸化対策。活性酸素の増加が肌の老化を進めていきますから、それを防ぐための対策も欠かせません。先述したように乾燥のよるバリア機能が活性酸素を増やす要因となるので保湿対策と合わせて行っていくのがポイントです。活性酸素を抑制するビタミンC誘導体アスタキサンチンポリフェノールなどの抗酸化成分を補っていきましょう。ポリフェノールは食事でも補えるのでスキンケアだけでなく食生活でも対策を行っていきたいところです。

 

あとは肌のハリを改善させる対策。これには真皮層のコラーゲンエラスチンを増やすための対策が重要です。この2つの成分は線維芽細胞と呼ばれる組織で作られるのでその働きを活性化させるビタミンC誘導体レチノールフラーレンといった成分もほうれい線対策でうまく取り入れていきたいところです。

ほうれい線対策で使ってみたいクリーム口コミ人気ランキング