なぜほうれい線ができてしまうのでしょうか?

年齢を重ねると目立ち始めるほうれい線。一気に老けて見られてしまう原因となるだけでなく、一度できてしまうとなかなか改善するのが難しい肌トラブルです。しかも原因はひとつではなく複数の要素が組み合わさって起こることも多いだけに日々の生活の中で予防と対策を行っていくことが大事です。

主な原因は老化によるハリの低下とバリア機能の低下による乾燥でほうれい線に・・・

ほうれい線の原因

まず最大の原因となるのが老化による肌のハリの低下です。もっとも目立つシワが深く刻まれるタイプのほうれい線ではとくにこれが大きな原因となります。肌は真皮層で網の目のように張り巡らされている線維状のコラーゲンエラスチンによって支えられていますが、この2つの成分が老化によって減少することで支える力が低下し、ハリが失われていくのです。その結果重力に負ける形で皮膚がたるんでいくようになります。ほうれい線はとくに厚い皮膚を支えている部分なのでその影響が出やすいのです。

 

それから肌の乾燥。これは深いシワと浅いシワの両方のタイプに関わる原因です。ほうれい線は1本の深いシワがくっきりと刻まれるだけでなく、その周辺に並行するように細かなシワが刻まれることもあります。これは乾燥によって表面の肌が柔軟性を失いカサカサの状態になることでできるものです。一方乾燥はバリア機能の低下をもたらすため、紫外線のダメージが大きくなっていきます。その結果先述した真皮層のコラーゲンとエラスチンが紫外線によって破壊されてしまい、ますますハリの低下が進んでしまうのです。ほうれい線対策においてはまず保湿で乾燥をどれだけ緩和できるかどうかが鍵を握るといっても過言ではないでしょう。

ハリの低下と表情筋の衰えが同時に起こることによってさらに悪化させてしまう

ほうれい線の原因

そして表情筋の衰え。顔には表情を形作るときに皮膚を動かす表情筋という筋肉が30以上あります。この筋肉が皮膚を動かすともに支えているのですが、他の腕や足の筋肉と同様、加齢によって衰えていきます。その結果皮膚を支える力が失われてたるみが生じていくのです。肌のハリの低下と同時に進行することで急激にほうれい線ができるようになってしまいます。

 

これらの原因に加えて血行不良が進行するとむくみの問題も生じます。体内で余分な老廃物や水分が蓄積することでむくみができ、その重みで肌にたるみが生じてほうれい線を作ってしまうのです。

 

このように、ほうれい線は老化と関わりながらもいろいろな原因で引き起こされます。根本的な老化対策はもちろん、保湿対策表情筋のトレーニング血行の改善といったさまざまな対策を日ごろから行っていく必要が出てくるのです。

ほうれい線対策で使ってみたいクリーム口コミ人気ランキング