敏感肌はどこに注意をしてエイジングケアしたらいいのでしょうか?

敏感肌の方がエイジング化粧品を選ぶ場合にはまず何と言っても肌に余計な刺激を与えることなくケアを行っていけるかどうかを確認しておく必要があります。老化の原因となる活性酸素は肌が刺激を受けると増加してしまいますから、いくらエイジング効果が高い化粧品を使用しても肌に合わないと逆効果になってしまう恐れがあります。

敏感肌はちょっとした刺激や添加物にも反応してしまうので安心して使えるか徹底的にチェック!

敏感肌のエイジングケア

そのためにも肌にどれだけ刺激があるのか、安心して使用できるのかを徹底的にチェックしましょう。まず大前提となるのが添加物の存在です。エイジング化粧品は添加物があまり使用されていないものが多く、その点では安心して使用できるわけですが、敏感肌の場合は普通肌の人には何の問題もない添加物が大きな刺激になってしまうこともあるので注意が必要です。合成界面活性剤や合成香料、合成着色料といった添加物はもちろん、防腐剤にも注意しましょう。「パラベン不使用」と書かれているエイジングケア化粧品もありますが、必ずしも防腐剤が不使用というわけではなく、他の防腐剤が使用されていることも多いので敏感肌に安全とは限らないので気をつけましょう。

 

それから敏感肌そのものを改善することができるかどうか。刺激に敏感な状態が続いていると先述したようにちょっとした刺激に反応して活性酸素が増加して老化が進むのでエイジングケアの効果が十分に得られません。この敏感肌そのものの改善ではやはり保湿対策が第一で、他の肌質にも増して保湿効果を重視して製品選びを行っていきましょう。また、敏感肌は水分を溜め込む力が不足しているため、ヒアルロン酸を美容液だけでなく化粧水でもうまく補うようにすること、一方セラミドは美容液とクリームの両方で補うように意識するようにしましょう。またクリームに関してはせっかく補った水分と美容成分が蒸発しないようしっかりフタができるかどうかも選ぶ際の重要なポイントです。

 

さらに殺菌作用と抗炎症作用を備えた化粧品もうまく活用したいところです。バリア機能が極端に低下していると本人も気づかない小さな炎症が繰り返し起こっていることが多く、肌が非常に不安定な状態になっています。その結果化粧品を使用した際に過敏に反応して負担がかかってしまうこともあるため、殺菌・抗炎症作用によって雑菌の繁殖と炎症を防ぎ肌を安定化させることも重要なエイジングケアの一環となるのです。

 

敏感肌のエイジングケア化粧品選びではこうした基本を踏まえた上で抗酸化成分や真皮層のコラーゲンを増やす成分といった有効成分が含まれているかどうかをチェックしていくことになります。若々しく健康的な肌を手に入れるためにはまず敏感肌を何とかしなければならないことを頭に入れておきましょう。

ほうれい線対策で使ってみたいクリーム口コミ人気ランキング