エイジングケアできるオールインワンはどんな点に注意したらいいのでしょうか?

オールインワン化粧品でエイジング対策を行っていく場合にはオールインワンならではのメリットや注意点を踏まえたうえで製品選びを行っていく必要があります。

「オールインワンだけでケアを済ませられること」「伸びがよく塗布しやすいもの」がポイント

エイジングケアのオールインワン

まずエイジングケアにおけるオールインワンの最大のメリットである摩擦による刺激を最小限に抑えられる点。年齢を重ねれば重ねるほどバリア機能の低下や皮脂の分泌量の減少によって摩擦による刺激に弱くなっていきます。化粧水、美容液、乳液、クリーム…これらのアイテムをひとつひとつ使用する際に手で肌を擦ってしまうと大きな負担になってしまうこともあり、せっかくのケアも逆効果になってしまう恐れがあります。その点1本でひと通りのケアができるオールインワンは肌に負担をかけない点で大きなメリットがあるのですが、そのメリットを最大限に活かせるかどうかがポイントです。

 

たとえば伸びがあまりよくなく、ムラなく塗布するのが難しい製品の場合、何度も指で擦らなければならなくなってしまいます。これではせっかくのメリットが活かせません。またオールインワンだけでは十分なケアできない場合、プラス美容液やクリームを付け足してケアする必要が出てくる場合もあります。この場合もせっかくの摩擦による刺激を減らせるメリットがなくなってしまうので注意しましょう。基本的には目元ケアなど一部の例外を除けばオールインワンだけでケアを済ませることを前提に製品を選ぶこと伸びがよく塗布しやすいものを選ぶこと、この2点を忘れないようにしましょう。

 

オールインワンだけでひと通りのエイジングケアを済ませる場合、自分がエイジングケアにおいてどのような効果を期待しているのかをある程度絞っておくことも大事です。これはオールインワンのデメリットとも関わってくる大事な点ですが、まんべんなく効果を備えている一方、ひとつひとつの効果は単品で使用するよりも弱いのがオールインワンの特徴です。そのため保湿効果がイマイチなので保湿化粧品をプラスする、シミ対策に美白化粧品を加えるといったケースが出てくるのです。最近では保湿や美白など特定の目的に高い効果が期待できるオールインワンも出ていますから、自分がどんな肌トラブルを抱えているのかを把握したうえで適切なものを選んでいきましょう。

 

もうひとつ忘れてはならないのができるだけシンプルな内容の製品を選ぶことです。オールインワンではどうしても幅広い効果を期待するためさまざまな有効成分が配合された製品の方がよい印象もありますが、種類があまり多いと肌への負担が大きくなるため、年齢を重ねた肌には必要な成分が厳選されたシンプルな製品の方が適しています。こうした点も考慮したうえでエイジングケアに役立つ製品を探してみましょう。

ほうれい線対策で使ってみたいクリーム口コミ人気ランキング