エイジングケアできる洗顔料はどんな点に注意したらいいのでしょうか?

まず最初に知っておきたいのは化粧水だけでエイジングケアを行っていくことはできない、ということです(※参照エイジングケア化粧水とは)。そのため美容液や乳液、クリームとの組み合わせやバランスも考慮したうえで適切な製品を選んでいく必要があります。

老化を防ぐビタミンC誘導体が配合された化粧水でしっかり補うことが大切

エイジングケアの化粧水

大前提として化粧水本来の効果を備えているかどうか。もともと化粧水は洗顔後の敏感になった肌を整え、引き締めるために使用するものです。しかし現在では保湿効果や美白効果が重視された製品が人気を集める傾向が見られ、製品選びの際に本来の効果が省みられない傾向が見られます。年齢を重ねた肌の場合、とくに洗顔後に敏感になりやすいですから、化粧水でしっかりケアしておくことが大事です。この本来の役割が十分に機能しないと刺激に対して敏感になり、美容液、乳液、クリームを使用することで肌にダメージが生じてしまう恐れもあります。いくら優れた美容成分を配合していても使用した後につっぱり感が長く残ったり、ピリピリと刺激を感じるような化粧水は肌に合わないので避けたほうが無難です。

 

この基本的な部分を踏まえたうえでエイジング効果が期待できる化粧水を選んでいくことになります。最大のポイントはビタミンC誘導体をしっかりと補うことができるかどうかです。保湿成分の代表格であるセラミドは脂溶性のため水分が多い化粧水よりも油分が多いクリームの方が浸透しやすく相性がよいといわれますが、ビタミンC誘導体の場合は逆にクリームよりも化粧水と相性がよく、安定した状態で肌に浸透させることができます。このビタミンCには老化を防ぐ抗酸化作用のほか皮脂の分泌量を調節することでニキビ対策に役立つ効果、そして先述した肌を引き締める化粧水本来の効果も備えているので化粧水選びにおけるもっとも重要なチェックポイントとなっているのです。

 

このビタミンC誘導体とはもともと不安定でスキンケア製品には適さないビタミンCを他の物質と結合させることで安定性と浸透性を高めたものです。そのため同じビタミンCでも結合させる物質や方法によって効果や浸透性が異なるため、各製品の紹介ページでできるだけ詳しい情報を確認しておきましょう。

 

ビタミンC誘導体とともに抗酸化成分もうまく補っていきたいところです。老化の直接の原因となる活性酸素を防ぐことがエイジングケアの基本です。代表的なところではアントシアニンオウゴンエキスコエンザイムQ10アスタキサンチンなどが挙げられます。

 

保湿成分ももちろん大事ですが、どちらかといえば美容液や乳液・クリームで補ったほうが効果が高いため、まずビタミンC誘導体と抗酸化成分を重視したうえで製品選びを行っていきましょう。

ほうれい線対策で使ってみたいクリーム口コミ人気ランキング