エイジングケアできる洗顔料はどんな点に注意したらいいのでしょうか?

洗顔料でエイジングケアを行っていく際には「どれだけ効果が得られるか」よりも「どれだけエイジングケアの邪魔をしないか」を重視することが大事です。老化によって乾燥やバリア機能の低下が進んだ年齢肌はまず洗顔によるダメージを避けることがエイジングケアの第一歩となるのです。

肌に合った洗顔料を選ぶことが大前提

エイジングケアの洗顔料

しかしこの第一歩がうまく機能していないままエイジングケアを行っている人も少なくありません。化粧水や美容液、クリームにはお金をかけてよいものを使用しているにも関わらず洗顔料は肌に合わない刺激の強いものを使用しているため十分な効果が得られないでいるのです。洗浄力が強すぎる洗顔料を使用していると水分やバリア機能の維持に必要な皮脂やセラミドまでも洗い流してしまうため、刺激に敏感になって化粧水以降のケアがうまくできなくなるだけでなく、肌に普段をかけてますます老化を悪化させてしまう恐れもあります。さらに肌の老化と乾燥が進むと毛穴の柔軟性が失われ、有効成分が十分に浸透しにくくなっていきます。そうなるといくらエイジングケアに優れた成分を補っても期待したほどの効果は得られません。

 

ですからまずは肌に合った洗顔料を選ぶこと。合成界面活性剤など肌に刺激を与える恐れがある添加物はもちろん、使った後に過剰に肌がつっぱったり、ピリピリとした感触がある場合はもっとマイルドな製品に切り換えましょう。

肌の負担が少ないクレイや竹炭など粒子が細かく濃密な泡を作れる固形石鹸がオススメ

エイジングケアの洗顔料

それから肌に負担をかけずに洗うことができるかどうかも大事なポイントです。例えば泡立ちが悪い製品、泡立ててもすぐに減ってしまう製品で洗っているとどうしても指でゴシゴシと擦ってしまいます。その摩擦による刺激が年齢肌の大きな負担となりますから、泡立ちがよく、しかも泡の持ちがよい製品を選んでいくことが必要です。この点では固形石鹸がお勧めです。とくにクレイや竹炭など粒子が細かく濃密な泡を作れるタイプは指でこする必要もなく毛穴の奥の汚れを吸着して落としていくことができるのでお勧めです。

 

なお、泡といえばポンプ式で泡が直接出でくるタイプの洗顔料が人気ですが、こうしたタイプの製品の中には泡立ちを意図的によくするために化学成分を配合していたり、出した当初は泡が多いもののすぐになくってしまうものもあったりするので注意しましょう。

 

保湿成分など有効成分が配合された洗顔料も増えており人気を得ています。確かに保湿成分や抗酸化成分を補うことができれば一定の効果が期待できますが、洗顔料で洗い落としながら有効成分を浸透させるのは限界がある上、あくまでも目的は肌に負担をかけずに汚れを落とす点にありますから、まずは今回取り上げた点を重視したうえで選んでいった方がよいでしょう。

ほうれい線対策で使ってみたいクリーム口コミ人気ランキング